ひざサポートコラーゲンは膝関節に良い効果があるサプリメントとして販売されています。

臨床試験の結果も公表されているので、信頼できるものです。

膝関節に良いとされているのですが、膝に痛みを抱えている人が使った場合、効果はあるのでしょうか。

【痛みを取る効果はない】

ひざサポートコラーゲンはサプリメントで、医薬品ではありません。

膝の軟骨成分が減ってくると関節を動かすたびに痛みが出てつらいものですが、ひざサポートコラーゲンを飲み始めたからと言って痛みが軽減することはありません。

痛みは、軟骨がすり減ってしまったため関節同士が直接ぶつかり、痛みとして感じるのです。

痛みを乗り除く効果はありません。

参考記事≫ひざの痛み、正しい歩き方で予防

【軟骨がすり減らないようにする】

ひざサポートコラーゲンは膝の軟骨成分であるコラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などを含んだ健康食品です。

決められた量を毎日摂取することで、減っていくコラーゲンなどを補っていくので軟骨のすり減るスピードを緩やかにするものと考えてください。

年齢を重ねるとほとんどの人の体からコラーゲンなどは減っていきます。

食事で補うのは難しいので、サプリメントで補うのです。

飲んだからと言って急激にコラーゲンが増えることも無いのです。

【痛みが強い時は病院へ】

膝の痛みが強く、歩くのもままならない時は、まず病院で診察を受けましょう。

適切な治療を受けて痛みを取り除き、ひざサポートコラーゲンも飲むようにすると良いでしょう。

このサプリメントだけで痛みを治すことはできません。